アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「感想」のブログ記事

みんなの「感想」ブログ

タイトル 日 時
赤を多用する現代中国「伝統ではなく、血を好む共産党の宣伝」
【大紀元日本2月23日】赤い花火、赤いランタン、赤い衣装…現代中国は赤を多用する。旧正月の行事でも赤い龍や獅子舞が世界中で舞った。しかし、中国人は昔から赤を多く使っていたわけではない。1949年以後に中国共産党が「流血の象徴」として、社会を血で染めるように使い始めたのがきっかけであることを知る人は少ない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/24 01:14
商道
【大紀元日本9月25日】ある書生は度々科挙の試験を試みたが失敗に終わった。薄情な世間が嫌になり、書生は官職を諦め、俗世の名誉と利益を捨てて修行の旅に出た。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/03 10:36
人類史のなかの神韻(四)
 【大紀元日本1月3日】本稿の趣旨は、今の日本人がもっている中国人観のなかで、「中共以前から中国人は素質が悪かった」という偏見を払拭することにある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/04 15:50
人類史のなかの神韻(三)
 【大紀元日本1月2日】夏目漱石の大陸旅行は、明治42年(1909)の9月2日から10月17日にかけてである。『満韓ところどころ』は、帰国後すぐの10月21日から12月30日まで、51回にわたって朝日新聞に連載された。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/04 02:59
人類史のなかの神韻(二)
 【大紀元日本1月1日】狭い海を隔てて、日本は中国の隣にある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/03 15:42
人類史のなかの神韻(一)
 【大紀元日本12月31日】地球の歴史は46億年だという。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/06/02 22:47
日本人が神韻を見る意義
【大紀元日本1月22日】以下の導入部は、単なる慣用句の話であり、深い意味はない。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/06/02 16:36
最も有効な営業テクニック
  【明慧日本2014年5月28日】職場で輸出部門への異動辞令を受けた時、とても意外でした。私は大学を卒業していますが、専門は貿易ではなく、また私は内向的な性格で、人の顔色や心を探ることはできないし、会話を弾ませるテクニックも持っていないし、貿易のような社交的な性格を必要とする仕事には向いていないと思いました。貿易の仕事をする従業員はみな会社の「特殊部隊」で、酒豪であったり、社交的で人脈を作る天才だったりします。私は法輪大法を修煉して以降、酒を一滴も口にしなくなったので、貿易の仕事に適任ではない... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/30 11:19

トップへ | みんなの「感想」ブログ

生生世世 感想のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる